Rtoaster insight+ Googleアカウント連携 接続情報
  • 22 Apr 2022
  • 1 分で読み終わります
  • ダーク
    ライト

Rtoaster insight+ Googleアカウント連携 接続情報

  • ダーク
    ライト

概要

Rtoaster insight+のGoogleアカウント連携機能を利用した接続情報を設定する際のヘルプページとなります。

前提条件

Rtoaster insight+ Googleアカウント連携の接続情報は、Google Cloud Platform(以降GCPと略します)の東京リージョン(asia-northeast1)上で構築されているRtoaster insight+用BigQueryにあるデータを取得する際に使用します。

Rtoaster insight+用BigQueryでは下記のGCPプロジェクトのみ使用します。

プロジェクト名 役割
rtoaster-insight Googleアカウント連携時に連携されます。
rtoaster-data Rtoaster insight+画面上のRtoasterテーブルに対応するデータが入っています。
bp-pica-prd Rtoaster insight+画面上のユーザー定義テーブルに対応するデータが入っています。

また、BigQueryからデータをGoogle Cloud Storage(以降GCSと略します)経由させてからデータを取得します。
そのため、Googleアカウント連携で連携したGoogleアカウントにGCSのストレージ管理者権限を付与する必要があります。
GCSの権限追加.png

事前準備

Rtoaster insight+の管理者権限を持つアカウントでRtoaster insight+の管理画面を操作します。

  1. Rtoaster insight+の管理画面サイドバーよりオプションGoogleアカウント連携を開きます。

オプション選択.png

Googleアカウント連携選択.png

  1. 画面左上にあるアカウント追加よりデータ転送の操作を行うためのGoogleアカウントを設定してください。

※GCPサービスアカウントは設定できません。
Google連携アカウント追加.png

連携アカウント追加.png

しばらくすると、設定を行ったGoogleアカウントでGCPコンソールを開くと以下のGCPプロジェクトが参照可能になります。

GCPにログインしてから下記のURLで確認してください。
https://console.cloud.google.com/bigquery?project=rtoaster-insight

プロジェクト選択.png

入力項目

項目名 必須 内容
名前 Yes trocco内部で利用する接続情報の名前を入力してください。
メモ No trocco内部で利用する接続情報のメモを入力してください。
Googleアカウント Yes Googleアカウント認証をおこなって、Rtoaster insight+画面上でGoogleアカウント連携をしたアカウントを指定してください。
共有するグループ No trocco内部で利用する接続情報の共有の有無と対象のグループを入力してください。

Googleアカウント認証

  1. Googleアカウント認証により、Rtoaster insight+画面上でGoogleアカウント連携をしたアカウントを指定してください。
    Googleアカウント認証.png

  2. troccoがGoogleアカウントへの追加アクセスを求めますので許可してください。
    アクセス許可.png


この記事は役に立ちましたか?