Salesforceの接続情報
  • 05 Jul 2022
  • 1 分で読み終わります
  • ダーク
    ライト

Salesforceの接続情報

  • ダーク
    ライト

概要

Salesforceの接続情報を設定する際のヘルプページとなります。

入力項目

基本項目

項目名 必須 内容
名前 Yes trocco内部で利用する接続情報の名前を入力してください。
メモ No trocco内部で利用する接続情報のメモを入力してください。
共有するグループ No trocco内部で利用する接続情報の共有の有無と対象のグループを入力してください。

認証方式として「OAuth認証」、「ユーザーパスワード認証」が選べます。
認証方式により、設定方法が異なります。

OAuth認証の場合

項目名 必須 内容
サンドボックス環境 No SalesforceのSandbox環境に接続する場合、チェックしください。
Salesforceアカウント認証 Yes 認証ボタンをクリックし、Salesforceにログインしてください。

注意事項

  • OAuth認証で作成した接続情報は、転送元Salesforceのみで利用できます
  • 転送先Salesforce、転送元Salesforceレポート、転送元Tableau CRMをご利用の際は、ユーザーパスワード認証をご利用ください。
  • 転送元Salesforce以外のOAuth対応は、現在開発中です。

ユーザー・パスワード認証の場合

項目名 必須 内容
ユーザーID Yes SalesforceのユーザーIDを入力してください。
パスワード Yes Salesforceのパスワードを入力してください。
セキュリティトークン Yes Salesforceのセキュリティトークンを入力してください。
※作成手順は以下にまとまっております。
セールスフォースエンドポイント No セールスフォースエンドポイントを入力してください。
未入力の場合は、デフォルトで
https://login.salesforce.com/services/Soap/u/ がセットされます。
また、sandbox環境と連携頂く場合は
https://test.salesforce.com/services/Soap/u/ のように設定頂く必要がございます。

ユーザーの作成(OAuth認証)

OAuth認証を行うと、ユーザーの権限をすべてtroccoが引き受けることになります。以下の手順に従いOAuth認証用の読み込み専用ユーザーを作成し、権限を絞ることをおすすめします。

作成手順

  1. Salesforce にログインします。
  2. 右上の歯車⚙️アイコンをクリックし、設定を選択してください。
  3. 左サイドメニューの 管理 > ユーザー > プロファイル からプロファイル一覧画面を開きます。
  4. 新規プロファイル ボタンをクリックします。
  5. 既存のプロファイルに Read Only を選択し、適当な名前(例: trocco-read-only)を設定し、保存します。
  6. プロファイルの編集をクリックし、標準オブジェクト権限カスタムオブジェクト権限からtroccoで参照するオブジェクトについて、参照にチェックを付け、保存します。
  7. 左サイドメニューの 管理 > ユーザー > ユーザー からユーザー一覧画面を開きます。
  8. 新規ユーザー ボタンをクリックし、以下の情報を入力します。
    1. ユーザーライセンス: Salesforce
    2. プロファイル: 先程作成したプロファイル
    3. メールアドレス: 確認メールが受取可能なメールアドレスを入力します
  9. 保存し、作成は完了です。入力したメールアドレス宛に確認メールが届くので、初回ログインを行ってください。

セキュリティトークンの作成方法(ユーザー・パスワード認証)

ユーザー・パスワード認証を利用する場合、以下の手順に従ってセキュリティートークンを発行してください。

  1. Salesforceにログインしてください。

  2. ログイン後、右上のユーザーアイコンをクリックしてください。

  3. ユーザー名をクリックし、設定をクリックします。
    image.png

  4. 個人設定画面に遷移したら左メニューの私の個人情報から私のセキュリティトークンのリセットをクリックしてください。
    image.png

  5. セキュリティトークンのリセットをクリックすることで登録済みのメールアドレスにセキュリティトークンが送信されます。
    image.png


この記事は役に立ちましたか?