データカタログ設定
  • 08 May 2024
  • PDF

データカタログ設定

  • PDF

Article Summary

概要

画面右上のデータカタログ設定をクリックすると表示されます。
データカタログ設定では、データカタログに関する各種設定を行うことができます。

image

TROCCO基本メタデータ設定

カラム情報に表示するフィールドを設定します。
デフォルトの設定は以下のとおりです。

  • 論理名:表示する
  • 説明:表示しない

ユーザー定義メタデータ用テンプレート

ユーザー定義メタデータで入力するフィールドをテーブル・カラムごとに設定します。

ユーザー定義メタデータ用テンプレートに関する注意事項
  • ユーザー定義メタデータ用テンプレートは、テーブル・カラムごとに1つしか作ることができません。
  • テンプレートに追加されたフィールドは、後から削除することはできません
  • 入力を必須にするで設定したフィールドは、後から必須化をやめることができません
項目名必須備考
テンプレート名テンプレート名を入力します。
テンプレートタイプテーブルまたはカラムからいずれかを選択します。
フィールド名フィールド名を入力します。
ヒント-フィールドに対するヒントを入力できます。
本項目に記入した内容は、ユーザー定義メタデータの入力画面で表示されます。
データ型以下のいずれかを選択します。
  • String
  • Text(Markdown)
  • Integer
  • Boolean
  • StringまたはText(Markdown)型に入力された文字列は、テーブル・カラム検索における検索対象文字列となります。
    入力を必須にする-本項目を有効にすると、ユーザー定義メタデータ編集時に、該当フィールドの値を入力しないと保存できなくなります。
    本項目は後から変更することができません。

    メタデータインポート

    CSVファイルを用いて、基本メタデータの値をインポートできます。
    また、インポートの結果は画面下部のインポート履歴より確認できます。

    image

    メタデータインポートの制約

    メタデータインポートの対象

    CSVファイルを用いたメタデータインポートは、基本メタデータのみ対応しております。
    その他のメタデータのインポートには対応していません。

    CSVファイルの文字コード

    UTF-8を推奨しています。
    UTF-8以外の文字コードの場合、一部文字が読み取れないことがあります。

    CSVアップロードのファイルサイズ制限

    アップロードできるCSVファイルのファイルサイズは最大100MBです。

    すでにメタデータが入力されていた場合

    すでにメタデータの値が入力されている場合、インポートされた値によって既存の値は上書きされます。

    CSVファイルのフォーマット

    CSVテンプレートをダウンロードをクリックしてください。
    ダウンロードされたCSVファイルを適宜編集し、アップロードおよびインポートを実行してください。

    1行目にフィールド名が入力された状態のCSVがダウンロードされます。
    2行目以降に適宜メタデータを入力してください。

    なお、お使いのデータストアおよびインポート対象のテーブルまたはカラムによって、CSVファイルの構成は異なります。
    以下では、データストアごとのCSVファイルの構成を説明しています。

    BigQueryのデータストアをお使いの場合

    CSVファイルの1行目は、下記を入力してください。

    • テーブル基本メタデータ
      • project_id,dataset_id,table_id,logical_name,description
    • カラム基本メタデータ
      • project_id,dataset_id,table_id,column_id,logical_name,description

    CSVファイルの2行目以降は、以下表を踏まえて入力してください。

    カラム名必須入力する情報
    project_idプロジェクト名
    dataset_idデータセット名
    table_idテーブル名
    column_id✓*テーブルに紐づくカラム名
    カラム基本メタデータのインポート時のみ必須
    logical_name-論理名フィールドに入力したい値
    description-説明フィールドに入力したい値

    Snowflakeのデータストアをお使いの場合

    CSVファイルの1行目は、下記を入力してください。

    • テーブル基本メタデータ
      • database_name,schema_name,table_name,logical_name,description
    • カラム基本メタデータ
      • database_name,schema_name,table_name,column_name,logical_name,description

    CSVファイルの2行目以降は、以下表を踏まえて入力してください。

    カラム名必須入力する情報
    database_nameデータベース名
    schema_nameスキーマ名
    table_nameテーブル名
    column_name✓*テーブルに紐づくカラム名
    カラム基本メタデータのインポート時のみ必須
    logical_name-論理名フィールドに入力したい値
    description-説明フィールドに入力したい値
    CSVファイルの入力例

    以下は、BigQueryのデータストアのテーブル基本メタデータをインポートする場合に用いるCSVファイルの例です。

    image

    インポートに失敗した場合

    インポート履歴エラーログを表示をクリックし、エラーの原因を確認してください。

    metadata-import-v2_002.png

    データストア連携管理

    データストア連携管理を参照ください。


    この記事は役に立ちましたか?