転送先 - LINE Conversion API
  • 18 Jun 2024
  • PDF

転送先 - LINE Conversion API

  • PDF

記事の要約

概要

LINE Conversion APIへデータを転送する設定に関するヘルプページです。

補足

転送先LINE Conversion APIは、接続情報を利用しません。

制約

データ転送中にエラーが発生した場合
  • データ転送中にエラーが発生した場合でも、ジョブは中断されません。
    エラーが発生しなかったイベント(レコード)は、通常通り転送されます。
  • データ転送中にエラーが1件でも発生した場合、他のイベント(レコード)が転送されていたとしても、その転送ジョブの実行後ステータスはERRORとなります。

設定項目

STEP1 基本設定

項目説明
LINE Tag IDLINE Tag IDを入力します。
アクセストークンアクセストークンを入力します。
入力項目の取得・確認方法

アクセストークンの発行手順について、LINE Conversion APIのトークン発行を参照ください。
また、LINE Tag IDも上記手順の中で確認できます。

001-p.png

カラムマッピング

LINE Conversion APIにデータを転送するためには、TROCCO上でカラム名や型をマッピングする必要があります。
以下の表を参照し、TROCCOの転送設定STEP2「カラム定義」タブにて、マッピングを行ってください。
なお、各カラムの詳細については、LINE Conversion API公式ドキュメントのSend Conversion Eventを参照ください。

カラム名データ型必須入力例備考
event_deduplication_keystringkey_sample重複排除キー
詳しくは、イベントの重複排除についてを参照ください。
event_typestring-conversion
  • conversionまたはpage_viewを入力可能
  • デフォルトはconversion
  • event_namestring-Conversion
    • event_typeconversionを入力した場合に、以下のいずれかを入力可能
      • Conversion(デフォルト)
      • カスタムコンバージョン名
    event_source_typestring-webデフォルトはweb
    event_timestamptimestamp2020-01-01 01:01:01.000000 +0900
    user_idstring✓(*1)U8189cf6745fc0d808977bdb0b9f22995
    user_browser_idstring✓(*1)browser_id_sample
    user_click_idstring✓(*1)click_id_sample
    user_ifastring✓(*1)ifa_id_sample
    user_external_idstring✓(*1)external_id_sample
    user_phonestring✓(*1)+8131111xxxx転送時に値をハッシュ化する場合に使用
    user_hashed_phonestring✓(*1)- (*3)すでに値がハッシュ化されている場合に使用
    user_emailstring✓(*1)hoge@example.com転送時に値をハッシュ化する場合に使用
    user_hashed_emailstring✓(*1)- (*3)すでに値がハッシュ化されている場合に使用
    user_channel_idstring✓(*2)0000000000user_idを指定する場合は必須
    custom_quantitylong-1
    custom_keywordstring-keyword_sampleキーでグルーピング
    custom_keywordsjson-["hoge", "fuga", "piyo"]
  • JSON配列構造
  • 配列の要素はstringで指定
  • custom_item_idstring-item_id_sampleキーでグルーピング
    custom_item_idsjson-["hoge", "fuga", "piyo"]
  • JSON配列構造
  • 配列の要素はstringで指定
  • custom_currencystring-JPY
    custom_categorystring-category_sample
    custom_valuedouble-1.1
    web_referrerstring-http://www.example.com/
    web_ip_addressstring-192.0.2.1
    web_titlestring-title_sample
    web_user_agentstring-Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_13_6) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/69.0.3497.100 Safari/537.36
    web_urlstring-http://www.example.com/
    接頭辞にuser_が付くカラム
    • *1 転送対象のデータには、接頭辞にuser_が付くカラム(ただしuser_channel_idを除く)を少なくとも1つ含めてください。
    • *2 転送対象のデータにuser_idを含める場合、転送対象のデータにuser_channel_idも含めてください。
    *3 接頭辞にuser_hashed_が付くカラム
    • カラム名にuser_hashed_phoneuser_hashed_emailを使う場合、そのカラムに含む値はSHA-256でハッシュ化されている必要があります。
    • user_hashed_phoneについて、国番号に続く形式の電話番号がハッシュ化されている必要があります。
      • 日本国内の場合、+81に続く形式の電話番号をハッシュ化してください。

    この記事は役に立ちましたか?