転送先 - S3
  • 28 Apr 2022
  • 1 分で読み終わります
  • ダーク
    ライト

転送先 - S3

  • ダーク
    ライト

概要

Amazon Web ServicesのS3にデータを転送する設定のヘルプページです。

対応プロトコル

  • データ転送(Embulk)
    embulk-output-s3を使用
  • ファイル集約(ただし、転送元がBigQueryの時に限る)

制約

  • 特になし

設定項目

STEP1 基本設定

項目名 必須 デフォルト値 内容
S3接続情報 Yes - あらかじめ登録してある接続情報から、今回の転送設定に必要な権限を持つものを選択します。
接続情報の設定方法は別ページ をご参照ください。
リージョン Yes ap-northeast-1 利用するバケットを作成する際に指定したリージョンを入力してください。なお、リージョンについての説明はAWSの公式ページ をご参照ください。
バケット Yes - データの転送先バケット名を指定してください。
パスプレフィックス Yes - データの転送先パスプレフィックスを指定してください。
troccoは転送先バケットに、パスプレフィックスから始まる複数のファイルを出力します。
出力ファイルの拡張子 Yes .csv 出力ファイルの拡張子を指定していただきます。任意の拡張子をご指定いただけますが、ファイルの形式に合わせて.csvなどを指定するのが一般的です。
アクセスコントロールリスト Yes - アクセスコントロールリスト(ACL)ではバケットやオブジェクトにアクセスできる権限を管理します。
Amazon S3で規定されているACLをお選びいただけます。
それぞれのACLの詳細についてはこちらをご覧ください。
出力ファイル形式 Yes CSV 出力ファイルの形式をお選びいただけます。詳しくはこちらをご覧ください。
ファイル圧縮 Yes 圧縮なし ここではファイルの圧縮方法をお選びいただけます。詳しくはこちら をご覧ください。

STEP2 詳細設定

項目名 デフォルト値 内容
複数ファイル出力時の命名規則 .%03d.%02d 複数のファイルを出力する際の、ファイルの名前に関する規則を設定することができます。

この記事は役に立ちましたか?