転送先 - Treasure Data
  • 28 Apr 2022
  • 1 分で読み終わります
  • ダーク
    ライト

転送先 - Treasure Data

  • ダーク
    ライト

概要

Treasure Dataへデータを転送する設定のヘルプページです。

対応プロトコル

制約

  • 特になし

設定項目

STEP1 基本設定

項目名 必須 デフォルト値 内容
Treasure Data接続情報 Yes - あらかじめ登録してある接続情報から、今回の転送設定に必要な権限を持つものを選択します。
データベース名 Yes - データの転送先のデータベース名を入力します。
テーブル Yes - データの転送先のテーブル名を入力します。
タイムカラム No - インデックスに使用する時間カラム名を指定します。
テーブリ自動生成 Yes テーブルがない場合に作成する 「テーブル」に指定したテーブルが存在しない場合、自動で作成するか否かを選択します。
転送モード Yes append 転送モードを選択します。各モードの詳細については後述の転送モードについてをご参照ください。

STEP2 詳細設定

項目名 デフォルト値
ファイル分割サイズ 16384
不正なレコードが存在した場合に転送を中止するかどうか NO
デフォルトのタイムゾーン UTC
最大リトライ回数 20
初期のリトライ回数(ミリ秒) 1000
最大リトライ間隔(ミリ秒) 90000

転送モードについて

モード 詳細
append テーブルへの追記を行います。
指定の既存テーブルに直接データを投入します。
replace テーブルの洗い替えを行います。
はじめに一時テーブルを作成し、データをアップロードします。
アップロードが完了すると、テーブルで指定したテーブルが一時テーブルに置き換えられます。
既存のテーブルのスキーマは、置き換えられたテーブルには移行されません。
truncate テーブルへの追記を行います。
はじめに一時テーブルを作成し、データをアップロードします。
アップロードが完了すると、テーブルで指定したテーブルが一時テーブルに置き換えられます。
さらに既存のテーブルのスキーマを、置き換えられたテーブルに追記します。

この記事は役に立ちましたか?