転送元 ‐ MySQL(Aurora)
  • 28 Apr 2022
  • 1 分で読み終わります
  • ダーク
    ライト

転送元 ‐ MySQL(Aurora)

  • ダーク
    ライト

概要

MySQL(Aurora)からデータを転送する設定のヘルプページです。

通常のMySQLの転送とは異なり、AuroraからS3に対してCSV一時ファイルを出力し、そのCSVファイルを読み込むことで転送を行います。
通常のMySQLでの転送方式に比べ、大容量データの転送の際にAuroraへの負荷を抑えつつ転送を行うことができます。
転送対象テーブルのカラム名が、転送後のテーブル名として引き継がれない仕様があるため、こちらにご留意いただきながらご利用ください。

制約

  • 特になし

設定項目

STEP1 基本設定

項目名 必須 デフォルト値 内容
Aurora MySQL接続情報 Yes - あらかじめ登録してある接続情報から、今回の転送設定に必要な権限を持つものを選択します。
データベース名 Yes - MySQLの転送したデータが入っているデータベース名を指定してください。
記入欄の右にあるボタンを押すことでデータベースの一覧を読み込むことも可能です。
クエリ Yes - MySQLから転送データを取得するためのSQLを入力します。
なお、クエリの最後に 「;」 は含めないで下さい。
カスタム変数を設定してクエリ内に埋め込むことも可能です。
S3バケット名 Yes - 一時的にデータを出力するS3のバケット名を指定します。

STEP2 詳細設定

項目名 デフォルト値 詳細
転送時にクエリ実行をスキップし、
配置されているS3ファイルから取り込みを開始する
スキップしない ジョブがAuroraクエリ完了後に失敗した場合、クエリをスキップすることで
S3ファイル取り込みフェーズから実行を行うことができます。

補足


この記事は役に立ちましたか?