転送元 - Google Cloud Storage
  • 07 May 2024
  • PDF

転送元 - Google Cloud Storage

  • PDF

記事の要約

概要

Google Cloud PlatformのGoogle Cloud Storageからデータを転送する設定のヘルプページです。

制約

設定項目

STEP1 基本設定

項目名必須デフォルト名内容
Google Cloud Storage接続情報Yes-あらかじめ登録してあるGoogle Cloud Storageの接続情報から、今回の転送設定に必要な権限を持つものを選択します。
バケットYes-データの転送元バケット名を選択します。
パスプレフィックスYes-データの転送元パスプレフィックスを入力します。
TROCCOは転送元バケットのパスプレフィックスから始まる複数のファイルを転送します。
解凍形式No-転送元のデータが圧縮されている場合に、解凍して転送できます。
以下の解凍形式に対応しています。転送対象のデータの圧縮形式に沿って選択してください。
なお、転送対象のデータが非圧縮ファイルの場合は、解凍形式を選択しないでください。
  • bzip2
  • gzip
  • tar.gz
  • zip

  • 解凍形式を後から変更した場合は、必ず自動データ設定を行ってください。
    解凍後の相対パス (正規表現)No-解凍形式にてzipまたはtar.gzを選択した場合に入力できます。
    パス区切り文字を含める場合は、バックスラッシュ(\)を用いてエスケープしてください。
    入力ファイル形式YesCSV/TSV入力ファイルの形式を選択します。
    詳しくは、入力ファイル形式の設定についてを参照ください。
    転送方法Yes全件転送全件転送差分転送のいずれかを選択します。
    差分転送について、詳しくは差分転送機能を参照ください。

    STEP1の詳細設定

    詳細を設定するをクリックすると、設定項目が表示されます。

    項目名必須デフォルト値内容
    指定のパスにファイルが存在しなかった場合に転送を続行するかYes転送を続行する基本設定にて指定したパスにファイルが見つからなかった場合に転送を続行させるかどうかを選択します。
    本項目の選択によって、ジョブ終了後のジョブステータスも異なります。
    • 転送を続行する
      • 転送ジョブは続行されます。
      • その他の要因でジョブが失敗しない限り、転送ジョブ終了後のジョブステータスはSucceededとなります。
    • 転送を中止し、エラーにする
      • 転送ジョブは中止されます。
      • 転送ジョブ終了後のジョブステータスはErrorとなります。

    必要な権限

    ご利用いただくにあたって必要な権限は以下となります。

    • storage.buckets.get
    • storage.buckets.list
    • storage.objects.get
    • storage.objects.list

    この記事は役に立ちましたか?