転送元 - JIRA
  • 07 Mar 2024
  • PDF

転送元 - JIRA

  • PDF

記事の要約

概要

JIRA Softwareのデータを転送する設定のヘルプページです。

制約

  • 特になし

設定項目

STEP1 基本設定

項目名必須デフォルト値説明
JIRA接続情報Yes-あらかじめ登録してあるJIRAの接続情報から、今回の転送設定に必要な権限を持つものを選択します。
JQLYes-課題の取り込みを行うためのJiraクエリ言語(JQL)を入力します。
ExpandNo-追加カラムを指定できます。
指定できる値はJIRA REST API公式ドキュメントを参照ください。
JSONカラムの自動展開オプジョンYes展開しないJSONカラムを自動で展開するを選択した場合、次のように展開されます。
  • 元のJSONカラムの内容: {"id": 10, "person": {"age": 30}}
  • 展開されたカラム名: (JSON_column_name).id, (JSON_column_name).person.age


  • 転送先でカラム名としてピリオド(.)が使用できない場合、転送時にエラーとなりますのでご注意ください。
    JSONカラムの展開の仕方を詳細に設定したい場合は転送設定STEP2のカラム定義も併せてご利用ください。

    STEP1の詳細設定

    詳細を設定するをクリックすると、設定項目が表示されます。

    項目名必須デフォルト値
    リトライ間隔(秒)Yes1
    最大リトライ回数Yes5
    APIリクエストあたりの最大取得件数Yes50

    この記事は役に立ちましたか?