転送元 - kintone
  • 19 May 2022
  • 1 分で読み終わります
  • ダーク
    ライト

転送元 - kintone

  • ダーク
    ライト

概要

サイボウズのkintoneからデータを転送する設定のヘルプページです。

対応プロトコル

制約

  • cursor APIを使用しているため、クエリにlimit、offset句を指定しますとデータ取得する際にエラーになります。クエリにマッチするものはすべて取得されます。
  • cursor APIの制約がありますので、公式ページをご確認ください。

設定項目

STEP1 基本設定

項目名 必須 デフォルト値 内容
kintone接続情報 Yes - あらかじめ登録してある接続情報から、今回の転送設定に必要な権限を持つものを選択します。
接続情報の設定方法はこちらをご参照ください。
アプリID Yes - データを取りたいkintoneのアプリのIDを入力してください。
アプリIDは管理者ならば画面上部の歯車 → アプリ管理で各アプリのIDを確認することができます。
APIで取得する場合は公式サイトをご参照ください。
フィールド Yes - kintoneのアプリのレコード一覧において、取得したいデータのフィールドコード、型を確認します。
フィールドコードについてはこちらをご覧ください。
また、trocco内でtimestamp型で読み込みたい場合はフォーマットを指定してください。
kintoneのDATETIME型のフォーマット値は

%Y-%m-%dT%H:%M:%S%z

となっております。

kintoneのDATE型を用いている場合は

%Y-%m-%d

として下さい。
ゲストスペースID No - ゲストスペースを利用している方の場合はこちらにゲストスペースIDを入力してください。
クエリ No - 転送するデータに関して、条件をつけるためのクエリを入力します。
カスタム変数を利用し、troccoのデータ転送時に動的に設定値を決定することも可能です。
指定されない場合は、アプリの指定したフィールドがすべて転送されます。
クエリの書き方については公式サイトをご参照ください。
limit、offset句はご使用いただけません。

この記事は役に立ちましたか?