転送元 - Salesforce Report
  • 28 Apr 2022
  • 1 分で読み終わります
  • ダーク
    ライト

転送元 - Salesforce Report

  • ダーク
    ライト

概要

Salesforceのreportからレコードデータを転送する設定のヘルプページです。

対応プロトコル

  • データ転送(Embulk)

設定項目

STEP1 基本設定

項目名 必須 デフォルト値 内容
Salesforce接続情報 Yes - あらかじめ登録してある接続情報から、今回の転送設定に必要な権限を持つものを選択します。
接続情報の設定方法は別ページをご参照下さい。
レポート内で一意の値を持つカラム Yes - レポート内で一意の値を持つカラム以外が指定された場合、転送実行時にエラーになります。
レポートID Yes - 取得対象のレポートのIDを取得します。表形式のレポートのみ設定可能です。
レポートの詳細画面を開いていただいた時のURLにレポートIDがあります。
image.png
検索条件 No レポートに設定の値 検索条件を入力してください。
未入力の場合は取得対象のレポートに設定済みの検索条件が使用されます。
検索条件の編集にはレポートの読み込みが必要になります。
検索条件ロジック No レポートに設定の値 検索条件を結合する式を設定してください。未設定の場合はレポートに設定されている検索条件ロジックが使用されます。
結合にはAND、OR、NOTの演算子が指定可能です。
例)検索条件No.1に一致かつ、検索条件No.2に一致しないかつ、検索条件No.3もしくはNo.4に一致する: 1 AND NOT 2 AND (3 OR 4)
詳細はSalesforceのAPIドキュメントのreportBooleanFilterをご参照ください。
転送対象カラム yes レポートに表示しているカラムのみ転送する 対象のカラムが100列以上ある場合はSalesforceのAPIの制限により、ジョブ実行時に失敗します。
詳細はSalesforceのAPI制限のドキュメント をご参照ください。
レポートの値を転送するカラム No - レポートの値を転送するカラムを指定してください。
デフォルトではレポートに表示されている値の名前が転送されます。

データ型が通貨、日付/時間、URLなどの場合、表示されている値の名前と値が異なります。
例)組織の通貨記号が¥、タイムゾーンがAsia/Tokyoの場合:
  通貨型 値: 100, 値の名前: ¥100
  日付/時間型 値: 2021-03-17T03:00:00Z, 値の名前: 2021-03-17 12:00:00

日付/時間型の場合、値の名前を転送するとSalesforceの組織のタイムゾーンで変換されたタイムゾーン無しの値が転送されますのでご注意ください。

補足

注意事項

転送ジョブ実行中に転送対象のレポートが更新されると、転送されるデータに欠損が発生する可能性がございます。


この記事は役に立ちましたか?