Gitリポジトリ連携について
  • 02 May 2022
  • 1 Minute to read
  • Dark
    Light

Gitリポジトリ連携について

  • Dark
    Light

There is no English content available for this article, You are viewing the fallback version (Ja - 日本語).

概要

Gitリポジトリ連携機能はデータマートの定義情報をYAML形式で出力し、指定したGitリポジトリに反映します。
このページでは、Gitリポジトリ連携での設定と利用方法について記載します。

管理対象

  • 転送設定の設定情報
  • データマート定義の設定情報

連携種別について

連携するGitリポジトリはtroccoのユーザ、もしくはグループに対して一つ設定します。

ユーザに紐づく連携設定の初期状態

image.png

グループ(test)に紐づく連携設定の初期状態

image.png

操作権限について

連携種別に対応するユーザとグループロールによって操作権限は以下の通りです。

ユーザに紐づく連携設定の場合

WHAT/WHO ユーザー
連携一覧の表示
連携有無の確認
設定の追加/編集
Gitとのdiff確認
Gitへのcommit, push

グループに紐づく連携設定の場合

WHAT/WHO グループメンバー member グループ admin
連携一覧の表示
連携有無の確認
連携設定の追加/編集
Gitとのdiff確認
Gitへのcommit、push

リモートリポジトリの設定

利用しているGitサーバのご用意いただき、リポジトリURLを入力してください。

GitHub Enterpriseなど、GitサーバでIP制限をしている場合はIPアドレスを許可していただく必要があります。
troccoから通信をする際に利用しているIPアドレスはこちらを確認ください。

image.png

詳細画面

ブランチを指定いただき、デプロイキーをGitサーバ側に設定ください。
image.png

diff(差分)確認について

Gitリポジトリ連携の一覧画面、もしくはデータマートの設定画面より確認ページへ遷移します。
image.png

Gitリポジトリへの反映(git commit & push)

Gitコメント(タイトル、詳細)を記載いただき、反映させるボタンを押下いただくと、対象のGitリポジトリへpushします。

image.png


Was this article helpful?