グループ共有・権限設定機能について
  • 06 May 2022
  • 1 Minute to read
  • Dark
    Light

グループ共有・権限設定機能について

  • Dark
    Light

There is no English content available for this article, You are viewing the fallback version (Ja - 日本語).

概要

※この機能はEnterpriseプランもしくはグループ機能オプションをご契約のお客様のみの機能となります。

troccoでは、転送設定や接続情報等を任意のグループ内で共有することができます。
このページでは、グループ共有機能の詳細および権限設定の詳細について説明します。

グループ共有とは

お客様が作成したグループの中で、trocco上のリソースを共有する機能です。
グループはこちらの画面より作成・編集することができ、事業部・グループ会社などの縦割りの単位や、開発者・管理者などの横割りの単位など、お好きな単位でグループを作成できます。

共有できるリソースは現状以下の通りです。

  1. 接続設定
  2. 転送設定
  3. データマート定義
  4. ワークフロー定義

権限とは

グループでは、デフォルトでグループ作成者のみがadmin権限を持っています。その他のユーザーは「所属しない」状態になっているため、このグループにリソースを共有しても、何も共有はされません。

グループ内で共有するには、グループ詳細画面より各ユーザーに権限を付与する必要があります。
権限にはmemberadminの2種類があり、基本的にはmemberは読み取り専用、adminは読み取りに加えて変更・削除が可能です。
各権限の詳細は以下の通りです。

権限 admin member
共有された接続情報の利用
例) 転送設定に紐づける
共有された接続情報の編集 ×
共有された転送設定/データマート定義/ワークフロー定義の実行
共有された転送設定/データマート設定/ワークフロー定義の編集 ×

関連情報

ユーザー権限に関する情報はこちらをご参照ください。


Was this article helpful?