開発者コンソールからSOQLを作成する方法
  • 06 May 2022
  • 1 分で読み終わります
  • ダーク
    ライト

開発者コンソールからSOQLを作成する方法

  • ダーク
    ライト

概要

連携先にSalesforceを指定する際、転送設定のためにSOQLを用意する必要があります。
本ページではSOQLをSalesforceの開発者コンソール上から作成する方法を説明します。

  1. Salesforceにログインします。
  2. 右上のメニューより開発者コンソールをクリックします。

image.png

  1. FileOpen Resourceと選択してください。

image.png

  1. Open Resourceの画面から取得対象のオブジェクトを選択してください。

image.png

  1. 取得対象のカラムを選択しQueryをクリックすることでSOQLが作成されます。SOQLは構文の制約上「*」が使えませんのでご注意ください。クエリを実行する際は左下のexecuteをクリックしてください。

image.png

SOQLについては以下の2点にご注意ください

  1. Bulk APIの制約上、単一のオブジェクトしか利用できないためテーブル結合ができません。
  2. Bulk APIの制約上、オブジェクト型のカラムは取得できませんのでご注意ください。たとえばApex Typeがaddressのものは以下のようにオブジェクト型になります。

image.png

TIPS

  • Apex Typeがdatetimeのものについてはformat関数を通すことでtimestamp型としてtroccoに連携することが可能になります。

image.png


この記事は役に立ちましたか?