転送先 - KARTE Datahub
  • 07 May 2024
  • PDF

転送先 - KARTE Datahub

  • PDF

記事の要約

概要

KARTE Datahubへ転送する設定のヘルプページです 。

Google Cloud PlatformのGCSバケットに対してTROCCOでデータ転送を行い、KARTE Datahub側での取り込み設定を行うことでデータの連携が可能です。
KARTE Datahub 側の設定は、外部サービス連携(TROCCO)をご覧ください。

設定項目

STEP1 基本設定

項目名必須デフォルト値内容
KARTE Datahub接続情報Yes-KARTE Datahubの接続情報をご参照ください。
バケットYes-データの転送先バケット名を指定してください。
パスプレフィックスYes-データの転送先パスプレフィックスを指定してください。
TROCCOは転送先バケットに、パスプレフィックスから始まる複数のファイルを出力します。
なお、転送時にパスプレフィックスにマッチするファイルが削除され、新しくファイルがアップロードされます。
過去のファイルを残しておく必要がある場合、カスタム変数を利用しパスプレフィックスに転送日時を埋め込むことで、
転送毎にパスプレフィックスを分けることができます。
例えばパスプレフィックスを trocco/$date$/data としてカスタム変数の設定を行い、
2020年1月1日に転送を行った場合、
trocco/20200101/data.000.00.csv
のように、日付でパスを分けることができます。
出力ファイル形式YesCSV出力ファイルの形式をお選びいただけます。
詳しくはこちらをご覧ください。
ファイル圧縮No-ファイル圧縮して転送する場合は、以下から圧縮形式を選択してください。
  • gzip
  • bzip2
  • zip

出力ファイル数について

TROCCOの仕様上、転送先に対し、分割された複数のファイルが出力される場合があります。

例:パスプレフィックスが trocco/data

以下のように、複数のファイルが出力される場合があります。

  • trocco/data.000.00.csv
  • trocco/data.000.01.csv

補足

各種リンクは以下の通りです。


この記事は役に立ちましたか?