転送元 - Amazon Athena
  • 07 Mar 2024
  • PDF

転送元 - Amazon Athena

  • PDF

記事の要約

概要

Amazon Athenaからデータを転送する設定のヘルプページです。

制約

https://github.com/shinji19/embulk-input-athena

設定項目

STEP1 基本設定

項目必須デフォルト値内容
Athena接続情報Yes-あらかじめ登録してある接続情報から、今回の転送設定に必要な権限を持つものを選択します。
データベース名Yes-取得したいデータが入っているデータベース名を指定してください。
SQLYes-Amazon Athenaから転送データを取得するためのSQLを入力します。
カラムYes-取得したいカラムのカラム名とデータ型を指定します。
データ型は
  • string
  • long
  • double
  • timestamp
  • boolean
  • json
  • を指定できます。

    必要な権限

    ご利用いただくにあたって必要な権限は以下となります。

    • Amazon Athenaのオブジェクト読み取り許可
      • Action
        • s3:GetObject
        • s3:ListBucket
      • Resource
        • arn:aws:s3:::your-data-source-bucket/path-prefix/*
        • arn:aws:s3:::your-data-source-bucket
    • S3への書き込み許可
      • Action
        • s3:PutObject
        • s3:GetObject
        • s3:ListBucketMultipartUploads
        • s3:AbortMultipartUpload
        • s3:ListBucket
        • s3:GetBucketLocation
        • s3:ListMultipartUploadParts
      • Resource
        • arn:aws:s3:::your-result-bucket
        • arn:aws:s3:::your-result-bucket/path-prefix/*
    • Amazon Athenaの実行許可
      • Action
        • athena:StartQueryExecution
        • athena:StopQueryExecution
        • athena:GetQueryResults
      • Resource
        • *

    この記事は役に立ちましたか?