転送元 - Azure Blob Storage
  • 18 Jun 2024
  • PDF

転送元 - Azure Blob Storage

  • PDF

記事の要約

概要

Azure Blob Storageからデータを転送する設定のヘルプページです。

制約

  • 特になし

設定項目

STEP1 基本設定

項目必須デフォルト値内容
Azure Blob Storage接続情報Yes-あらかじめ登録してある接続情報から、今回の接続設定に必要な権限を持つものを選択します。
接続情報の設定方法はAzure Blob Storageの接続設定ページをご参照ください。
コンテナYes-転送したいデータが保存されているコンテナ名を指定してください。
パスプレフィックスYes-転送対象のデータを、パスプレフィックスで指定してください。
ディレクトリ名までを指定した場合、ディレクトリ配下の(プレフィックスにマッチする)全ファイルを転送します。
一方ファイル名までを指定した場合、そのファイルのみを転送します。
カスタム変数を利用し、TROCCOのデータ転送時に動的に設定値を決定することも可能です。
入力ファイル形式YesCSV/TSV入力ファイルの形式を指定してください。
詳しくは、入力ファイル形式の設定についてを参照ください。
転送方法Yes全件転送全件転送差分転送のいずれかを選択します。
差分転送について、詳しくは差分転送機能を参照ください。

STEP2 詳細設定

項目名デフォルト値内容
ファイルパスの正規表現-正規表現を入力することで、パスプレフィックス配下のどのファイルを転送対象とするか、指定することが出来ます。
未入力の場合、パスプレフィックスにマッチする全てのファイルが対象になります。
読み込むファイル数の上限-転送するファイル数の上限を指定することができます(デフォルトは無制限)。

この記事は役に立ちましたか?