転送元 - PostgreSQL
  • 06 Mar 2024
  • PDF

転送元 - PostgreSQL

  • PDF

記事の要約

概要

PostgreSQLからデータを転送する設定のヘルプページです。

制約

  • 特になし

設定項目

STEP1 基本設定

項目名必須デフォルト値内容
PostgreSQL接続情報Yes-あらかじめ登録してある接続情報から、今回の転送設定に必要な権限を持つものを選択します。
データベースYes-取得したいデータが入っているデータベース名を指定します。
スキーマYespublic取得したいデータが入っているスキーマ名を指定してください。
スキーマ一覧を読み込むから一覧を読み込むことも可能です。
転送方法Yesクエリを使用して転送クエリを使用して転送差分転送のいずれかを選択します。
差分転送について、詳しくは差分転送機能を参照ください。
クエリYes-転送方法でクエリを使用して転送を選択した場合に入力します。
転送データを取得するためのSQLを入力してください。
テーブルYes-転送方法で差分転送を選択した場合に入力します。
転送したいデータが入っているテーブル名を入力してください。
デフォルトのタイムゾーンYesUTCデータ型がdate, timestamp, datetimeのカラムについて、どのタイムゾーンを用いるかを指定します。

STEP2 詳細設定

項目名デフォルト値内容
カーソルが一度に処理するレコード数10000カーソルで一度に取得する行数を指定できます。
接続タイムアウト(秒)300接続時のタイムアウトまでの時間を秒単位で指定できます。
ソケットタイムアウト(秒)1800ソケットタイムアウトを秒単位で指定できます。

string型への変換が必要なデータ型

一部のデータ型はembulk側で非対応となっています。
したがって、embulkで対応できるstring型に変換していただく必要があります。

非対応のデータ型を含めた場合

非対応のデータ型のカラムを転送対象に含めた場合、プレビューおよび転送時に以下のようなエラーが発生します。
Unsupported type interval (sqlType=1111) of 'interval_data' column.

カラムのデータ型の変換方法

転送設定編集STEP1の「詳細を設定する」をクリックすると、取り込みデータ型指定が展開されます。
image

後述のstring型への変換が必要なカラムについて、string型を指定してください。
image

string型への変換が必要なデータ型一覧

以下のデータ型は、string型として取り込む必要があります。

  • bit varying
  • box
  • bytea
  • cidr
  • circle
  • inet
  • interval
  • line
  • lseg
  • macaddr
  • macaddr8
  • money
  • path
  • pg_lsn
  • point
  • polygon
  • tsquery
  • tsvector
  • txid_snapshot
  • xml

この記事は役に立ちましたか?