リリースノート-2024年03月
  • 01 Apr 2024
  • PDF

リリースノート-2024年03月

  • PDF

記事の要約

こんにちは! 2024年03月のリリース情報をお届けします!


転送設定

転送先Azure Synapse Analyticsが追加 🎉

転送先Azure Synapse Analyticsを新たに追加しました。
詳しくは転送先 - Azure Synapse Analyticsを参照ください。

image

転送元Shopifyでcollectionの取得に対応 🎉

転送元Shopifyのターゲットにて、collectionオブジェクトを選択できるようになりました。
取得される各項目など、詳しくは転送元 - Shopifyを参照ください。

転送先Amazon Redshiftで指定できる型が追加 🎉

転送先Amazon RedshiftのSTEP2出力オプションのカラム設定にて、データ型に指定できる項目として下記が追加されました。

  • TIME
  • DATE

転送先kintoneで転送されるNULL値の更新処理設定が追加 🎉

転送先kintoneの既存レコードに対する更新データにNULL値が含まれる場合に、その更新処理を選択できるようになりました。
転送設定STEP1の詳細設定にて、NULLで更新する更新をスキップするかを選択できます。

転送先Snowflakeへの転送ジョブ失敗時に一時ステージを削除できるように 🎉

転送先Snowflakeへの転送ジョブがエラーとなった場合に、一時ステージを削除するか選択できるようになりました。
詳しくは、転送先 - Snowflake > STEP1 詳細設定を参照ください。

image

ワークフロー定義

ワークフロージョブの実行ログ内で転送ジョブのエラーログを確認できるように 🎉

ワークフローに組み込まれた転送ジョブが失敗した際に、ワークフロー実行ログから該当転送ジョブのエラーログを確認できるようになりました。
ワークフロー実行ログの該当タスクをクリックすることで、エラーログを確認できます。

image

UI・UX

転送設定データプレビューの最大件数を20件に変更

転送設定STEP2や転送設定詳細のデータプレビューに表示されるデータの最大件数を20件に変更しました。
この変更により、転送設定STEP2のスキーマ・データのプレビューにデータプレビューが表示されるまでの時間が短くなりました。

監査ログ

転送設定の「過去のリビジョンを復元」するアクションを監査ログの取得対象から削除

監査ログの取得対象アクションから、「転送設定の更新(変更履歴の過去のリビジョンを復元)」を削除しました。
詳しくは、監査ログ機能の変更履歴を参照ください。

APIアップデート

Facebook APIを利用している各種Facebook系コネクタ

下記コネクタに利用しているFacebook APIを、v17からv18へアップデートしました。

  • 転送元Facebook Ad Insights
  • 転送元Facebook Ad クリエイティブ
  • 転送元Facebookリード広告
  • 転送先Facebook カスタムオーディエンス(β版)
  • 転送先Facebook コンバージョンAPI

新バージョンについて、Meta for Developersのドキュメントを参照ください。


今回のリリース内容は以上です。
気になるリリースがございましたら、カスタマーサクセス担当者までお気軽にご連絡くださいませ。
Happy Data Engineering!


この記事は役に立ちましたか?