troccoチュートリアル ワークフロー機能 フローの定義
  • 19 Apr 2022
  • 1 分で読み終わります
  • ダーク
    ライト

troccoチュートリアル ワークフロー機能 フローの定義

  • ダーク
    ライト

概要

このページでは、ワークフローのフローを定義するための方法を説明します。

フローの定義

作成したワークフローに対して、フロー定義を行います。
フロー定義を行うことで、転送ジョブの依存関係を簡単に実現することができます。

今回は例として、以下のようなワークフローを実現します。

  • はじめに、転送ジョブ1、転送ジョブ2を並列実行する。
  • 上記の並列ジョブが完了した後、Tableauデータ抽出を実行する。

1. 転送ジョブをフロー上に追加

以下手順で、転送ジョブをフロー上に追加します。

  • 画面上よりtrocco転送ジョブをクリックします。
    image.png

  • 表示された新規タスク追加画面にて転送設定を選択し、追加するをクリックします。
    image.png
    image.png

2. 転送ジョブを並列定義

以下手順で、転送ジョブを並列定義します。

  • 1と同じ手順で、転送ジョブを追加します。
    image.png

  • 赤枠の > をクリック後、ドラッグ&ドロップで①から②へ曲線をつなげます。
    image.png
    image.png

3. 処理の最後に、Tableau抽出ジョブを追加

以下手順で、Tableau抽出ジョブをフロー上に追加します。

  • 画面上よりTableau抽出ジョブをクリックします。
    image.png

  • 表示された新規タスク追加画面にて、Tableau抽出のために必要な情報を入力し、追加するをクリックしてください。
    ※Tableau接続情報の設定に関する詳細はこちらをご参照ください。
    image.png
    image.png

  • 画面に追加されたTableau転送ジョブと、前段で作成した2つの転送ジョブを紐付けます。
    ※以下のように、複数の転送ジョブを1つの転送ジョブに紐づけることで、並列実行後のジョブ実行を実現することができます。
    image.png

4. 編集したフローを保存

  • 画面右上の保存するをクリックします。
    image.png
    保存に成功すると、ワークフロー詳細画面に移動します。
    image.png

この記事は役に立ちましたか?