Google Spreadsheetsの接続情報
  • 18 Jun 2024
  • PDF

Google Spreadsheetsの接続情報

  • PDF

記事の要約

概要

Google Spreadsheetsの接続情報を設定する際のヘルプページとなります。

TROCCOでGoogle Spreadsheetsの接続情報を設定する方法は、Googleアカウントを利用する方法とサービスアカウントを利用する方法の2種類があります。

転送前の準備

サービスアカウントを利用する場合は、以下の作業が必要です。

  • JSON Keyを設定
  • APIを有効化
  • 転送元・転送先スプレッドシートの共有設定で、サービスアカウントのメールアドレスに権限を付与

JSON Keyを設定

  1. Google CloudのJSON Keyを取得するを参照して、JSON Keyを取得してください。サービスアカウントにロールを付与する必要はありません。

  2. サービスアカウントのメールアドレスをメモしておきます。

  3. 取得したJSON Keyの内容をすべてコピーし、TROCCOの接続設定作成画面のJSON Keyフォームにペーストします。

APIを有効化

  1. GCP Consoleにアクセスし、プロジェクトを選択します。
    (プロジェクトを作成していない場合は事前に作成してください。)

  2. APIライブラリにアクセスします。

  3. Google Sheets APIをクリックします。

image.png

  1. APIを有効化します。

image.png

転送元・転送先スプレッドシートの共有設定で、サービスアカウントのメールアドレスに権限を付与

  1. 最後に、転送元・転送先となるスプレッドシートを開きます。

  2. 画面右上の共有を開きます。

  3. ユーザーの入力欄に、サービスアカウントのメールアドレスをペーストします。

  4. 右側にある権限の選択欄で、必要な権限を選択します。
    (転送元の場合は閲覧者、転送先の場合は書き込み権限を持つ編集者を選択してください。)

参考:公式ドキュメント


この記事は役に立ちましたか?