転送元 - App Store Connect API
  • 25 Apr 2022
  • 1 分で読み終わります
  • ダーク
    ライト

転送元 - App Store Connect API

  • ダーク
    ライト

概要

App Storeからレポートデータを転送する設定のヘルプページです。

取得可能なデータ

App Store Connect APIを利用してデータを取得しています。

「財務報告」、「売上とトレンド」が取得可能です。
それぞれ、App Store Connectの「支払と財務報告」「売上とトレンド」からダウンロードできるレポートと同一のものがが連携可能です。

※売り上げとトレンドのヘルプページはこちらです。
※財務報告のヘルプページはこちらです。

対応プロトコル

設定項目

STEP1 基本設定

項目名 必須 デフォルト値 内容
App Store Connect API接続情報 Yes - あらかじめ登録してある接続情報から、今回の転送設定に必要な権限を持つものを選択します。
API Endpoint Yes - APIの接続先URLを指定します。
入力ファイル形式 Yes CSV 入力ファイルの形式を指定します。
・CSV
・JSON Lines
・JSONPath
の中からお選びいただけます。
クエリパラメータ No - APIへのリクエストに含めるクエリパラメータを指定できます。
パラメータの種類については下記のクエリパラメータの種類をご覧ください。
また、パラメータの値はカスタム変数を利用しtroccoのデータ転送時に動的に設定値を決定することも可能です。

クエリパラメータの種類

取得するレポートの種類(API EndpointのURL)によって指定できるパラメータが異なります。
詳しくは公式ドキュメントをご参照ください。

財務報告(Finance Reports)

パラメータ名 内容
filter[regionCode] 通貨の単位を指定できます。コードについては公式ドキュメントをご覧ください。
filter[reportDate] Apple Fiscal Calendarに基づいて取得するレポートの日付を指定できます。 YYYY-MM形式で指定してください。
filter[reportType] レポートタイプとしてFINANCIALまたはFINANCE_DETAILを指定できます。
filter[vendorNumber] ベンダー番号を指定できます。詳しくは公式ドキュメントをご覧ください。

売上とトレンド(Sales and Trends Reports)

パラメータ名 内容
filter[frequency] レポートの取得間隔を指定できます。
DAILYWEEKLYMONTHLYYEARLYが指定できます。
filter[reportDate] 取得するレポートの日付を指定できます。
YYYY-MM-DD形式で指定してください。
詳しくは公式ドキュメントをご覧ください。
filter[reportSubType] レポートのサブタイプとしてSUMMARYDETAILEDOPT_INを指定できます。
filter[reportType] レポートタイプとしてSALESPRE_ORDERNEWSSTANDSUBSCRIPTIONSUBSCRIPTION_EVENTSUBSCRIBERを指定できます。
filter[vendorNumber] ベンダー番号を指定できます。
詳しくは公式ドキュメントをご覧ください。
filter[version] レポートのバージョンを指定できます。
詳しくは公式ドキュメントをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?