転送元 - Snowflake
  • 28 Apr 2022
  • 1 分で読み終わります
  • ダーク
    ライト

転送元 - Snowflake

  • ダーク
    ライト

概要

Snowflakeからデータを転送する設定のヘルプページです。

対応プロトコル

  • データ転送(Embulk)

制約

  • BINARY型は非サポートです。
  • 10GB分のCSVデータの転送を確認しています。

設定項目

STEP1 基本設定

項目名 必須 デフォルト値 内容
Snowflake接続情報 Yes - あらかじめ登録してある接続情報から、今回の転送設定に必要な権限を持つものを選択します。
データベース名 Yes - 転送したいデータのデータベース名を指定します。
スキーマ Yes public 転送したいデータのスキーマを指定します。
ウェアハウス名 Yes - 転送したいデータのウェアハウス名を指定します。
クエリ Yes - Snowflakeから転送データを取得するためのクエリを入力します。
カスタム変数を利用し、troccoのデータ転送時に動的に設定値を決定することも可能です。
カーソルが一度に処理するレコード数 Yes 10000 カーソルで一度に取得する行数を指定することができます。
接続タイムアウト(秒) Yes 300 接続時のタイムアウトまでの時間を秒単位で指定することができます。
ソケットタイムアウト(秒) Yes 1800 ソケットタイムアウトを秒単位で指定することができます。

この記事は役に立ちましたか?