セキュリティグループやファイアウォール等で許可頂く必要があるIPアドレス
  • 07 May 2024
  • PDF

セキュリティグループやファイアウォール等で許可頂く必要があるIPアドレス

  • PDF

Article Summary

概要

TROCCOはお客様のデータへのアクセス時に、固定のIPアドレスでアクセスします。
お客様はこれらのIPアドレスからのアクセスを許可頂く必要があります。
例:お客様のRDS(MySQL)のSecurity Groupにて、Inboundに下記IPアドレスを追加していただきます。

TROCCOのグローバルIPアドレス一覧

(サブネットマスクはすべて /32 です)

東京リージョン (ap-northeast-1)

東京リージョンに構築されたTROCCO(https://trocco.io/)をご利用のお客様は、以下のすべてのIPアドレスを許可してください。

  • 18.182.232.211
  • 13.231.52.164
  • 3.113.216.138

ムンバイリージョン (ap-south-1)

ムンバイリージョンに構築されたTROCCO(https://in.trocco.io/)をご利用のお客様は、以下のすべてのIPアドレスを許可してください。

  • 13.200.156.213
  • 65.2.96.225
  • 52.66.109.37

ソウルリージョン (ap-northeast-2)

ソウルリージョンに構築されたTROCCO(https://kr.trocco.io/)をご利用のお客様は、以下のすべてのIPアドレスを許可してください。

  • 13.209.155.205
  • 3.39.111.42
  • 43.200.202.3

TROCCOからのアクセスに利用するポート番号について

エフェメラルポートとしてポート番号 1024-65535 を使用します。


この記事は役に立ちましたか?