転送先 - Yahoo!広告ディスプレイ広告コンバージョン計測API(β版)
  • 07 May 2024
  • PDF

転送先 - Yahoo!広告ディスプレイ広告コンバージョン計測API(β版)

  • PDF

記事の要約

概要

Yahoo!広告ディスプレイ広告コンバージョン計測APIに関するヘルプページです。

Yahoo!広告ディスプレイ広告コンバージョン計測APIを利用して、Yahoo!広告にコンバージョン計測結果を送信できます。
本コネクタの概要については、ヤフー株式会社が公開している資料(コンバージョン詳細マッチングについて)を参照ください。

β版でのご提供

本コネクタはβ版でのご提供となっています。
正式版リリース時には、仕様が変更される可能性があります。

設定項目

STEP1 基本設定

接続情報を選択します。

接続情報について

アプリケーションID(Client ID)を入力し、保存した接続情報を選択してください。
Client IDの発行手順については、ご利用ガイドを参照ください。

カラムマッピング

Yahoo!広告ディスプレイ広告コンバージョン計測APIにデータを転送するためには、TROCCO上でカラム名や型をマッピングする必要があります。
以下の表を参照し、TROCCOの転送設定STEP2「カラム定義」タブにて、マッピングを行ってください。
なお、各カラムの詳細については、GitHubに公開されている公式ドキュメントを参照ください。

* 必須列に(*)が付いたカラム(パラメータ)は、転送対象のデータに少なくとも1つ含めてください。

カラム名データ型必須備考
emailstring✓(*)メールアドレス。半角小文字英数字に変換したのち、SHA-256でハッシュ化し送信します。
phone_numberstring✓(*)電話番号。ハイフン無し半角数字に変換したのち、SHA-256でハッシュ化し送信します。
yclidstring✓(*)広告をクリックしたユーザーを識別するパラメータ。_ycl_yjad Cookie の値を入力してください。
yjr_yjadstring✓(*)広告をクリックしたユーザーを識別するパラメータ。_yjr_yjad Cookie の値を入力してください。
event_timetimestampコンバージョンの発生日時。リクエスト日時から90日前以内の日時を入力ください。10桁のUNIX時間に変換して送信します。
yahoo_ydn_conv_iostringお客様のアカウント専用の値。広告管理ツールで取得した「Conversion API リクエストパラメータ」の yahoo_ydn_conv_ioの値をそのまま入力してください。
yahoo_ydn_conv_labelstringコンバージョンタグにおいてタグを識別するための項目。広告管理ツールで取得した「Conversion API リクエストパラメータ」のyahoo_ydn_conv_labelの値をそのまま入力してください。
yahoo_ydn_conv_transaction_idstring-* 本パラメータ(カラム)は必須入力項目ではありませんが、入力することを推奨しています。
コンバージョンの重複判定をするためのユニークなID。タグ計測において同じIDが入力されたコンバージョンが存在する場合、タグ計測側が優先されます。
64byteを超えない範囲で、かつ前後にスペースが入らないように入力してください。
yahoo_ydn_conv_valuelong-1コンバージョンあたりの価値。広告管理ツールで取得した「Conversion API リクエストパラメータ」の yahoo_ydn_conv_valueの値、もしくは任意の値を入力してください。
yahoo_ydn_conv_transaction_idに関する注意事項

Yahoo!広告管理APIの仕様により、yahoo_ydn_conv_transaction_idの値が重複したデータを送信した場合でも、転送ジョブはエラーになりません。

emailおよびphone_numberの値があらかじめハッシュ化されている場合

通常、emailおよびphone_numberの値は、ハッシュ化されて送信されます。
ただし値があらかじめハッシュ化されている場合は、再度ハッシュ化されることなく、元のハッシュ値のまま送信されます。


この記事は役に立ちましたか?