転送元 - Zendesk Support
  • 07 May 2024
  • PDF

転送元 - Zendesk Support

  • PDF

Article Summary

概要

Zendesk Supportのチケットデータ、ユーザーデータを転送する設定のヘルプページです。

設定項目

STEP1 基本設定

項目名必須デフォルト値内容
Zendesk Support接続情報Yes-あらかじめ登録してあるZendesk Supportの接続情報から、今回の転送設定に必要な権限を持つものを選択します。
データ取得対象Yesticket取得対象のデータ内容を以下から選択します。
  • ticket
  • user
  • ticket_metrics
  • ticket_comments
  • データ取得対象にticketを選択した場合

    項目名必須デフォルト値内容
    ステータスYesany取得するチケットのステータスを以下から選択します。
    選択されたステータスのチケットのみが取得されます。
    ただし、anyを選択すると、すべてのステータスのチケットが取得されます。
  • any
  • new
  • open
  • pending
  • hold
  • solved
  • closed
  • チケットタイプYesany取得するチケットのタイプを以下から選択します。
    選択されたタイプのチケットのみが取得されます。
    ただし、anyを選択すると、すべてのタイプのチケットが取得されます。
  • any
  • question
  • incident
  • problem
  • task
  • 優先度Yesany取得するチケットの優先度を以下から選択します。
    選択された優先度のチケットのみが取得されます。
    ただし、anyを選択すると、すべての優先度のチケットが取得されます。
  • any
  • low
  • normal
  • high
  • urgent
  • チケット作成日時No-指定した期間に作成したチケットを取得します。
    チケット更新日時No-指定した期間に更新したチケットを取得します。
    チケット解決日時No-指定した期間に解決したチケットを取得します。
    チケット期限日時No-指定した期間に期限があるチケットを取得します。

    データ取得対象にticket_metricsまたはticket_commentsを選択した場合

    項目名必須デフォルト値内容
    取得開始日時Yes-設定された日時以降に更新されたticket_metricsまたはticket_commentsを取得します。
    タイムゾーンYes-取得開始日時のタイムゾーンを選択します。
    ticket_metricsticket_commentsの取得開始日時について

    Zendesk APIの仕様上、ticket_metricsおよびticket_commentsは、更新日時に基づいてフィルターして取得することはできません。
    したがってTROCCOでは、ticket_metricsおよびticket_commentsを、取得開始日時に入力された日時以降に更新されたticketをもとに、取得しています。
    結果的に、取得開始日時以降に更新されていないticket_metricsticket_commentsが取得されることがあります。データの重複が発生しうる旨、ご注意ください。

    STEP1の詳細設定

    詳細を設定するをクリックすると、設定項目が表示されます。

    項目名必須デフォルト値内容
    ページサイズYes1,0001ページあたりのレコードの取得サイズを入力できます。
    タイムアウトによる転送ジョブの失敗が発生した場合は、ページサイズの値を少なく設定し直すことで解決することがあります。
    なお、ページサイズは最大1,000ページまで指定できます。

    この記事は役に立ちましたか?