TROCCO Web行動ログ収集SDK - 導入手順
  • 07 May 2024
  • PDF

TROCCO Web行動ログ収集SDK - 導入手順

  • PDF

記事の要約

概要

このページでは、TROCCO Web行動ログ収集SDKの導入手順について説明します。

導入手順

TROCCO Web行動ログ収集SDKの設定から、取得したデータの転送までの流れを3つのステップに分けて説明します。

1. お問い合わせ

まずは、営業担当者またはカスタマーサクセスまでお問い合わせください。
その後、ご契約が完了となりましたら、契約日を起点に3営業日以内に以下情報をお送りします。

  • サイトID
  • AWSアクセスキーおよびシークレットアクセスキー
TROCCO Web行動ログ収集SDKで収集されたデータ

TROCCO Web行動ログ収集SDKで収集されたデータは、弊社で管理しているAmazon S3に保管されます。
上記のAWSアクセスキーおよびシークレットアクセスキーは、上記Amazon S3に保管されたデータを転送する際に利用します。

2. JavaScriptコードの埋め込み

Webサイト上の各種行動ログを収集するためには、ログを取得したいWebサイトのHTMLファイルに以下のJavaScriptのコードを埋め込む必要があります。
なお、script内の<site_id>と記載されている箇所は、先にお渡ししたサイトIDに置き換えてください。


3. データの転送

先にお渡ししたAWSアクセスキーおよびAWSシークレットアクセスキーを利用して、TROCCO Web行動ログ接続情報を作成してください。
上記の接続情報を利用した転送設定を作成することで、収集したデータを転送できます。
転送設定側の各種設定項目については、転送元TROCCO Web行動ログを参照ください。


この記事は役に立ちましたか?