転送先 - Google Analytics 4 Measurement Protocol
  • 07 May 2024
  • PDF

転送先 - Google Analytics 4 Measurement Protocol

  • PDF

Article Summary

概要

Google Analytics 4 Measurement Protocolへデータを転送する設定のヘルプページです。

  • 任意の転送元からデータを抽出し、Measurement Protocol (Google Analytics 4)に対して送信できます。
  • Measurement Protocolの形式に合わる形で、転送設定作成時にTROCCO上でカラム名や型をマッピングしていただく必要があります。

制約

  • APIの制限事項があります。
  • 1行の入力に対し、1つのイベントが作成されます。
    • 複数の入力をまとめて複数のイベントを作成することはできません。

補足

転送先Google Analytics 4 Measurement Protocolは、接続情報を利用しません。

設定項目

STEP1 基本設定

項目名必須デフォルト値内容
APIシークレットYes-データストリームのAPIシークレットを入力します。
確認方法については、測定ID・APIシークレットの確認方法を参照ください。
測定IDYes-データストリームの測定IDを入力します。
確認方法については、測定ID・APIシークレットの確認方法を参照ください。
リクエストの検証Yes有効有効を選択すると、Measurement Protocol 検証サーバーにて、送信対象のイベントの形式が正しいかどうかが検証されます。
このとき、リクエストに不正な形式のイベントが含まれる場合は、TROCCOの転送ジョブはErrorとなります。
なお、有効・無効のいずれを選択しても、正しい形式のイベントについては、転送が実施されます。

STEP2 詳細設定

カラムマッピング

TROCCOのSTEP2のカラム定義において、カラム名や型をマッピングすることで、Google Analytics 4 Measurement Protocolに対してデータを送信することができます。
カラム名と型を以下の表のとおりに一致させてください。
その他のカラムについては APIドキュメントを参照してください。

カラム名必須
client_idstringYes
events.namestringYes
events.params.${パラメータ名}任意の型No
events.params.items.${パラメータ名}任意の型No
user_properties.${パラメータ名}任意の型No

入力例

  • 以下の入力例では、2つの offline_purchase イベントと1つのsearch イベントが作成されます。
    • client_id: x のイベントが2つありますが、入力1行に対し1つのイベントが作成されます。
  • イベントおよびユーザープロパティの詳細はAPIドキュメントを参照してください。
client_idevents.nameevents.params.currencyevents.params.valueevents.params.search_termevents.params.items.item_idevents.params.items.item_nameuser_properties.customer_tieruser_properties.age
xoffline_purchaseUSD100nullSKU_12345Stan and Friends Teestandardnull
xoffline_purchaseUSD200nullSKU_67890pN and Friends Teestandardnull
ysearchnullnullt-shirtsnullnullpremium30

測定ID・APIシークレットの確認方法

以下の手順で確認できます。

  1. Google Analytics 4のホーム画面より、管理をクリック
    image

  2. 任意のプロパティを選択し、データストリームをクリック
    image

  3. 任意のデータストリームをクリック
    image

    測定IDを確認できます。

  4. Measurement Protocol API secretをクリック
    image

    APIシークレットの値を確認できます。
    image


この記事は役に立ちましたか?