転送元 - HubSpot
  • 28 Apr 2022
  • 1 分で読み終わります
  • ダーク
    ライト

転送元 - HubSpot

  • ダーク
    ライト

概要

HubSpotからデータを転送する設定のヘルプページです。

対応プロトコル

  • データ転送(Embulk)

制約

  • 特になし

設定項目

STEP1 基本設定

項目名 必須 デフォルト値 内容
HubSpot接続情報 Yes - あらかじめ登録してある接続情報から、今回の転送設定に必要な権限を持つものを選択します。
取得対象 Yes オブジェクト データの取得対象を選択してください。
オブジェクトタイプ Yes - 取得対象: オブジェクト選択時
取得するオブジェクトを選択してください。
取得対象: エンゲージメントのアソシエーション選択時
エンゲージメントと関連付けるオブジェクトを選択してください。
取得対象: パイプラインまたはパイプラインステージ選択時
取得するパイプラインのオブジェクトタイプを選択してください。
オブジェクトタイプ1、オブジェクトタイプ2 Yes - オブジェクトタイプ1で指定したオブジェクト1件に対し、オブジェクトタイプ2のオブジェクト紐付け情報を取得します。
転送方法 Yes 全件転送 取得対象: オブジェクト選択時のみ設定可能です。
全件転送
すべてのデータを転送します。
差分転送
前回取り込んだレコードの最終更新日時以降に新しく更新されたレコードを転送します。
転送先にAPPEND方式で転送を行う場合、レコードが重複するため、データマートを用いて重複を排除することをおすすめします。
重複排除方法: idを主キーとして、updated_atが最新のものを採用する。
最新のレコード更新日時 No - 差分転送を有効にした場合に入力でき、次回のジョブ実行時にはこの日時より更新日時が新しいレコードのみを取り込みます。
このカラムはジョブ実行時に自動で更新されるため、特段の理由がない場合は変更しないでください。
イベントタイプ Yes - 取得対象: Eメールイベント選択時のみ設定可能です。
各イベントタイプについては公式ドキュメントを参照してください。
データ取得期間 No - 取得対象: Eメールイベント選択時のみ設定可能です。
データ取得の開始日、終了日を設定できます。
タイムゾーン無しの日時を設定した場合、Asia/Tokyoのタイムゾーンの日時として処理されます。

この記事は役に立ちましたか?

What's Next