転送元 - Salesforce
  • 07 Mar 2024
  • PDF

転送元 - Salesforce

  • PDF

記事の要約

概要

Salesforce上で管理している、商談・リード・取引先やカスタムオブジェクトといったレコードデータを転送する設定のヘルプページです。

制約

設定項目

STEP1 基本設定

項目名必須デフォルト値内容
Salesforce接続情報Yes-あらかじめ登録してあるSalesforceの接続情報から、今回の転送設定に必要な権限を持つものを選択します。
APIバージョンYes54.0Salesforce APIのバージョンを入力します。
オブジェクトYes-転送したいデータが格納されているオブジェクト名を入力します。
オブジェクト一覧を読み込むから一覧を読み込むこともできます。
オブジェクト取得方法Yes-オブジェクトの項目を全転送クエリ (SOQL) を記述して転送のいずれかを選択します。
クエリYes-クエリ (SOQL) を記述して転送を選択した場合に表示されます。
SOQL(Salesforce Object Query Language)形式でクエリを記述してください。
SOQLの作成方法については、開発者コンソールからSOQLを作成する方法を参照ください。
削除済み・アーカイブ済みレコードの抽出Yes抽出しないSalesforce上で、削除済み・アーカイブ済みになっているレコードを抽出対象とするかどうかを選択します。抽出するを選択すると、削除済み・アーカイブ済みになっているレコードも抽出対象に含まれます。
型変換モードYes型推測結果を使用型変換モードを選択します。
  • 型推測結果を使用:カラムの型が自動で推測されます。
  • カスタムカラムをSTRING型に変更:BOOLEAN型以外のすべてのカスタムカラムの型がSTRING型に変更されます。

  • この記事は役に立ちましたか?