リリースノート-2022年05月
  • 07 Jun 2022
  • 1 分で読み終わります
  • ダーク
    ライト

リリースノート-2022年05月

  • ダーク
    ライト

こんにちは! 2022年05月のリリース情報をお届けします!


データカタログ

クエリエディタ

クエリ記述時、スキャン量が表示されるように

データカタログのクエリエディタで、クエリスキャン量やシンタックスエラーが表示されるようになりました。
クエリが有効な場合には予想スキャン量が、構文エラーがある際にはエラーメッセージが画面右上に表示されます。
image.png

image.png

転送設定

転送先にZoho CRMが追加🎉

image.png

お客様のZoho CRMで使用できるモジュールに対して、Insert・Update・Upsertを実行できます。
ご利用にあたって必要な情報は以下をご覧ください。

転送先Google Ads コンバージョンに拡張コンバージョンが対応

これまでtroccoでは 転送先Google Adsとしてオフラインコンバージョンのみ対応していましたが、
今回のリリースで拡張コンバージョンに対応致しました。
転送設定選択画面より、転送先 Google Ads コンバージョンを選択し、コンバージョン種別より拡張コンバージョンを選択ください。
image.png

あわせて、コネクタの名称も転送先 Google Ads コンバージョン に変更となりました。
image.png

転送元Facebook広告(Facebook Ads Insights)にテンプレート機能が追加

転送元Facebook広告(Facebook Ads Insights)にテンプレート機能が追加され、フィールド設定を簡単に設定ができるよになりました。
image.png

転送元GoogleAd ManagerでAdUnitViewがオプションとして追加

転送元Google Ad Managerにて、最上位の広告ユニットを表示するか全ユニットを表示するか指定できるようになりました。
本対応により、子、孫広告単位の深い階層のレポートも取得できるようになりました。
image.png

転送元Shopifyがカスタムアプリに対応

Shopifyのカスタムアプリに対応いたしました。
接続情報画面でShopifyを選択した際、アプリ種別でカスタムアプリを選択し登録することが可能となります。
image.png

データマート

Redshift,Snowflakeにて、自由記述モードが追加

データマート定義にて、自由記述モードが追加されました。
該当のDWHに対して、DDL文など任意のクエリを発行していただくことが可能です。
※画像はRedshiftの例です。
image.png

UI・UX

各一覧画面に一度に表示される件数が50件に引き上げられました

転送設定一覧画面、データマート定義一覧画面、ワークフロー定義一覧画面の1ページあたりの定義数が20から50に引き上げられました。


その他、以下のような改修などが加わっております。

  • 転送元LocalFileにて、STEP1にて文字コーディングを指定できるようになりました。
  • データマートBigqueryで自由記述クエリの時にロケーションを指定するようになりました。

今回のリリース内容は以上です。
気になるリリースがございましたら、カスタマーサクセス担当者までお気軽にご連絡くださいませ。
Happy Data Engineering!


この記事は役に立ちましたか?