リリースノート-2022年09月
  • 08 May 2024
  • PDF

リリースノート-2022年09月

  • PDF

Article Summary

こんにちは! 2022年09月のリリース情報をお届けします!


データカタログ

プレビューのカラム名直下に論理名が表示

テーブル情報タブのプレビューにて、カラム名の直下に論理名が表示されるようになりました。
image

テーブル情報タブに「クエリエディタを開く」ボタンが追加

ボタンをクリックすると、テーブル情報タブで開いていたテーブルがFROM句に指定された状態で、クエリエディタが表示されます。
image

Googleアカウントの再認証機能が追加

データカタログ設定にて、Googleアカウントの再認証ができるようになりました。

Googleアカウントの再認証可能なユーザー

Googleアカウントの再認証は、データカタログ管理者を除くすべてのユーザーが行うことができます。
データカタログ管理者について、詳しくは制約事項を参照ください。

再認証をクリックした後の手順は、権限についての「実データへのアクセス権限」と同様です。
image

カラムに紐づくメタデータの自動引き継ぎ

TROCCOのデータマート機能を利用して生成したカラムについて、生成元カラムの「データソースに関するメタデータ」を自動で引き継げるようになりました。
以下、dm_contact_lead_joinテーブルのCompanyカラムを例に説明します。


dm_contact_lead_joinテーブルのカラムリネージでカラムの先祖を確認します。
CompanyカラムはleadテーブルのCompanyカラムを引き継いでいることがわかります。
image

leadテーブルのCompanyカラムの「Salesforceに関するメタデータ」は、以下のとおりです。
image

dm_contact_lead_joinテーブルのCompanyカラムの「Salesforceに関するメタデータ」は、以下のとおりです。
該当のメタデータを引き継いでいることがわかります。
image

なお、カラムに紐づくメタデータを自動で引き継ぐためには、以下の条件があります。

カラムに紐づくメタデータの自動引き継ぎの条件
  • データマート定義上で、カラムの値に加工を加えていない。
  • データマート定義のクエリ実行モードとしてデータ転送モードを用いている。
    • 自由記述モードを用いて生成されたテーブルに対しては、引き継ぎの対象外となります。

dbt連携

ジョブ設定の実行コマンドのオプション値にて、カスタム変数に対応

image

マネージドデータ転送

テーブル増減検知のSlack通知内容が充実

これまでは、追加・削除されたテーブルの件数を表示していました。
今後は、追加・削除されたテーブルの件数に加えて、テーブルの名前も表示されます。
image

マネージド転送設定の編集画面が拡充

登録されている転送設定の転送元・転送先に関する設定や、共通設定を一括で変更できるようになりました。
以下、一括変更の手順です。

  1. マネージド転送設定の詳細画面より、編集をクリック
    image

  2. 登録された転送設定の共通設定側の編集をクリック
    image

共通設定画面が表示されます。
image

接続情報

PostgreSQL接続情報にて、AWS Systems Manager Session Manager経由での接続に対応

image

転送設定

転送先Marketoにて、静的リストIDの指定に対応

image

ファイル・ストレージ系コネクタにて、 Excelファイルに対応

ファイル・ストレージ系コネクタにて、入力ファイル形式としてMicrosoft Excelファイル(xlsxおよびxls)に対応しました。
対応したコネクタは以下のとおりです。

  • 転送元 - Amazon S3
  • 転送元 - Azure Blob Storage
  • 転送元 - Box
  • 転送元 - FTP・FTPS
  • 転送元 - Google Cloud Storage
  • 転送元 - Google Drive
  • 転送元 - HTTP(S)
  • 転送元 - SFTP
  • 転送元 - ローカルファイル

ワークフロー

ワークフロー失敗時の自動リトライについて、次回リトライ実行までの時間間隔を指定できるようになりました。
ワークフロー設定画面でリトライ回数に1以上を指定したときに、時間を指定できます。
image

UI・UX

転送設定一覧

通知設定の有無・スケジュール設定の有無で転送設定を絞り込み

image

選択した転送設定に付けられているラベルを、一括で取り外し

image

APIアップデート

Yahoo!広告

  • APIバージョンが、v8にアップデートされました。
    • APIアップデートにより、旧指標は廃止されました。
    • 今後はカラム名に「(旧)」を含むカラムが指定されている場合、自動的に新カラムが取得されます。
  • 新バージョンについて、詳しくはYahoo!広告 API v8 システムリリース完了のお知らせを参照ください。

Criteo

  • APIバージョンが、v2022.07にアップデートされました。
  • 新バージョンについて、詳しくはVersion 2022.07 release notesを参照ください。

Google Ads


今回のリリース内容は以上です。
気になるリリースがございましたら、カスタマーサクセス担当者までお気軽にご連絡くださいませ。
Happy Data Engineering!


この記事は役に立ちましたか?