Oracle Databaseの接続情報
  • 07 May 2024
  • PDF

Oracle Databaseの接続情報

  • PDF

記事の要約

概要

Oracle Databaseの接続情報を作成するためのヘルプページです。

入力項目

項目名必須内容
名前TROCCO内部で利用する接続情報の名前を入力します。
メモ-TROCCO内部で利用する接続情報のメモを入力できます。
ユーザー認証のためのユーザー名を入力します。
パスワード認証のためのパスワードを入力します。
接続方法「ホスト名・ポート番号を指定する」「tnsnames.oraファイルを使用する」から選択します。
詳しくは接続方法を参照ください。
CA証明書-認証局(CA)より発行されたルート証明書を入力できます。pemファイル形式で入力してください。
TCPSプロトコルを使用してセキュアに接続を行う場合は、CA証明書を入力してください。
SSHオプション-SSHを経由(SSHトンネルを利用)して接続する場合に選択します。
詳しくはSSHトンネルを使った接続を参照ください。
OJDBCドライバー-接続するデータベースに対応するバージョンを選択します。
JDBCドライバーの対応バージョンについては転送元 - RDBMSバージョン対応表を参照ください。

接続方法

「ホスト名・ポート番号を指定する」を選択した場合の入力項目

項目名必須内容
ホスト接続するデータベースのホストを入力します。
接続先ポート接続するデータベースのポートを入力します。
SSL通信-SSL通信の有効・無効を選択できます。

tnsnames.oraファイルを使用する」を選択した場合の入力項目

項目名必須内容
oraファイルtnsnames.oraファイルを入力します。詳しくは公式ドキュメントを参照ください。
ウォレットファイル-Oracle Autonomous Databaseを利用する場合は、ウォレットファイル(cwallet.sso)をアップロードしてください。
ウォレットファイルを利用する場合、OJDBCドライバー は 19c-ojdbc8.jar を指定してください。

この記事は役に立ちましたか?